生活・サポート

学生寮のみんながチェルシーハウスで日々どのように過ごしているのかをご紹介します!

日常の暮らし

チェルシーハウスは自炊ライフ。キッチンが実は良いコミュニケーションの場になっています。


「おかえり」が聞こえるリビング。夕食を一緒に囲むことも少なくありません。

 寮生同士の距離が近く、みんなとても仲良しです。新しい仲間も温かく歓迎します♪

 

寮生の活動紹介

チェルシーハウス国分寺では、学びの場づくりや寮生活の仕組みづくりなど、寮生による活動が活発に行われています。
寮生の活動の一部を写真とともにご紹介します。

CHELSEA BOOKS(図書委員会)

図書委員会のメンバーが寮内の図書の管理や新刊の購入、ブックイベントなどを企画します。
ビジネス書や自己啓発書もあれば、小説や漫画、雑誌、ガイドブックなど、多様な書籍に触れる機会をつくります。

DIYの会

必要な家具の購入をするだけではなく、自分たちの手で制作・手入れをします。
これまでに、ゲストルームのリノベーションや、ラウンジスペースづくり、文机の作成などを実施してきました。

CHELSEA MARKET

CHELSEA MARKETは、音楽・アート・本・カフェ・ピザ・子ども向けワークショップなど、寮生の「好き」と「やりたい」を詰め込んだイベントです。
2017年12月に実施し、期間中は寮生の友人だけではなく、近隣にお住まいの皆様も遊びにきてくださり、地域の交流のきっかけになろうとしています。

CHELSEA PIZZA CLUB

チェルシーハウスには、実は自分たちで1から造ったピザ釜もあります。
土を配合してこねるところからスタートし、東屋も自分たちの手で。
地域の皆様をピザパーティーにご招待したり、ピザ以外にもフルーツを焼いたりと大活躍です。



他にも、就職活動を終えた4年生が後輩に向けて就活相談会を実施したり、みんなで映画を鑑賞したり、球技大会を企画するなど、自分たちの生活・学びの機会は自分たちでつくるという意識があります。

 

相部屋生活について

チェルシーハウス国分寺は、全室相部屋であることも大きな特徴です。
実際に寮生はどのように過ごしているのか、相部屋生活の魅力や楽しむための工夫をインタビューにて紹介します。

チェルシーハウス 日常
【相部屋インタビュー】「俊がいてこそ、この3号室が成り立ってる。」より一部抜粋

相部屋で良かったと思うことは?
帰ってきたときや、見送るときに挨拶ができることですね。一人暮らしではできませんから、そこが全然違います。
存在しているだけで落ち着くという感じはある。帰ってきたときに、誰もいないとそこのスペースがぽっかり空いているような感じになります。

互いに気をつけるところはありますか?
就寝の時間帯が異なるので、そこですかね。相方は夜寝るのが早くて、朝は早い。僕は逆なので、先に相方が寝たら電気は消しています。

入寮を検討している人にメッセージをお願いします。
相部屋になった人と、積極的にコミュニケーションを取っていくのがいいと思う。
入って打ち解けられるか不安に思う人が多いと思うんです。でも、自分のありのままをどんどん発信していけば、それに対しての反応は、チェルシーにはたくさんあります。

(続きはこちら

 

チェルシーハウス 日常

相部屋で仲良しの二人

こちらの二人の相部屋インタビュー記事はこちら

 

寮内の仕組み・サポート

自分たちの寮は自分たちで盛り上げます。

チェルシーハウスには、誰もが寮づくりに関われる環境があります。

現在、CH国分寺にはDIYの会、図書委員会、共有品の会計係、ゲストルームや備品管理の庶務係などの委員会・サークルがあります。


事例① 寮生会議(CH国分寺)

月1回、寮内の課題解決や、新しく始めたい取り組みの提案などを行います。自分たちの寮は、自分たちで作ります。

 事例② DIYの会 寮内の家具づくりに、寮生がチャレンジ!

チェルシーハウスの寮内サークル「DIYの会」は、定期的に集まり寮内の家具を製作しています。これまで、スタディールームの間仕切り、ゲストルームの机、各部屋のポスト、医務室の棚など、たくさんのことにチャレンジしてきました。

チェルシーハウス DIYの会

製作中の“チェルシーラウンジ”

寮生たちは、自分たちで意見を出し合い、自分たちの意思でチェルシーハウスを魅力的な場所へと成長させていくことができます。

 

■業界の第一線で働く社会人と接点があることも大きな魅力のひとつです。

 

 事例① メンター制度 社会人メンターが、寮生のやりたいことを全力で応援してくれます。

メンター制度の詳細はこちら

チェルシーハウス 日常

各メンターグループでは、車座になって互いに語り合う(CH国分寺フリースペース)

 

 事例② チェルシーカフェ 

超一流の社会人や団体が、リビングにてトークセッションやワークショップを開催します。

チェルシーカフェ

ライフネット生命保険株式会社会長兼CEOの出口治明氏
チェルシーカフェ「考える力を鍛えよう」(2014年11月)

開催の様子はこちら

過去には、ライター、出版社社長、TVディレクター、プロコーチなど多業種の方々にお越しいただきました。視野が広がり、将来やりたいことや仕事について考える機会になります。 過去の活動の一部はこちらから。

日常から考える! ソーシャルデザインワークショップ(2016年7月)

幸せになるマネープランを考えよう(2015年11月)

 

 事例③ チェルシーアカデミー

寮生が自分の大学のイチオシの先生を紹介。いろんな専門分野の世界が知れます。

チェルシーアカデミー

法政大学・湯浅誠先生によるチェルシーアカデミー(2015年9月)

開催の様子はこちら

 

お越し頂くのは、普段それぞれの寮生が大学で教えてもらっている先生方。他大学の教員の授業が「自分たちの住まい」で聞けるのは、チェルシーハウスだけです。過去の活動の一部はこちらから。

考えてみよう。障がいってなんだろう?(2016年6月)

明日死ぬとしても、今やっているそれを続けるのか?~真の学びが持つ力~(2015年12月)