【日々の様子】改めてお互いを知ろう。「チェルシーナイト」の様子

2021年7月13日 | | シェアツイート

2021年6月中旬。春までに15人もの新入寮生を迎えたチェルシーハウス国分寺。

コロナ禍の影響で、例年のように賑やかなウェルカムパーティーを実施することは叶いませんでしたが、寮生同士の仲が深まるにはあまり時間はかからず、1~2週間でお互いの顔と名前を覚えたようです。


そんな日々の、とある夜のこと。

キッチンで会えば並んで料理もするし、ふとしたタイミングで気づけば込み入った話をしていることもある。
でも・・・
生活リズムが合わずに全然話せていない彼とはもっと喋ってみたいし、
よく話すあの子のことも、知っているようで知らないこともたくさんあるのかも…?
そう思ってるのって、私/僕だけじゃなくて、きっとみんなそうなんじゃない…??

・・・と思い立った上級生たちが、改めてお互いをもっと知る。をテーマに、寮生の交流の場として「チェルシーナイト」を企画してくれました。

テーブルごとにグループをつくり、自己紹介、そしてみんなでラジオ体操(心も体も柔らかく!)をして、
グループ対抗で寮生に関するクイズ対決!
「この3人の中で一番最初に入居したのは?」「九州生まれの寮生は多いが、佐賀と長崎出身の寮生は誰?」
などなど、自然と寮生全員の顔を思い浮かべるクイズばかりです。

そしてグループごとにお題の書いてあるカードが配られ、そのお題についてグループトーク。
また、グループ内で普段の生活についてちょっとモヤモヤしていることも共有しました。
楽しいことだけではなく、ネガティブなことも腹を割って話すのは、大切なことですよね。
これもチェルシーハウスの大切な文化です。

企画してくれた上級生たち、本当におつかれさまでした。
参加した寮生達からも「またやりたい」「企画者に感謝!」という声が多く聞かれました。一方で、「先輩のように、今後自分たちが企画できるか心配…」という声もありましたが、チェルシーハウスでの日常生活そのものが身近にいる上級生たちから学ぶ機会です。見よう見まねでも、どんどん学んでチャレンジしてみて欲しいです。困ったときに支えてくれる仲間が、ここにはたくさんいます。


一生に一度の時間を
チェルシーハウスで過ごしませんか?
入寮生募集中です。

説明会お申し込みLINE@で最新情報を受け取る詳しい資料の
ダウンロードはこちらから