【レポート】
四ツ葉学園中等教育学校の生徒120名と
進路を考えるイベントを行いました!

2015年11月10日 | | シェアツイート

伊勢崎市立四ツ葉学園中等教育学校の4年生の生徒(約120名)と、進路について考えるイベントを行いました!

昨年に引き続き、今年も四ツ葉学園の高校生と、代々木オリンピックセンターにて、
チェルシーハウス寮生による進路選択についてのプレゼン大会を開催しました。

今年は19名の寮生が参加。
高校生に対して、「自分の進路選択と現在の大学生活」について、15分×4セッションのプレゼンを行いました。

 

1

5

4

10

3

9

8

1人1人が、自分の人生の選択を振り返り、高校生にメッセージを伝える渾身のプレゼンを行いました。
話し終わったあと、泣きながら学生に寄ってきた生徒もいたとのこと。

高校生は、これからの進路に迷ったり、周囲との人間関係で悩んだりと不安な時期かもしれません。
いつか、寮生たちの言葉が彼らの背中を押してくれることを願っています。

2

参加した高校生の声(抜粋)

●他人基準ではなく自分基準で生きていきたいと思った。
●今やれることを精一杯やる。一日勉強3時間!
●今変われば将来絶対良いことがあるんだとわかった。
●ただ素直に勉強するだけでなく、自分を常に見つめなおして、少しこだわりをもって生活していきたい。
●自分をもっと知って、好きなことをしていきたい。
●私もいま悩んでいる最中なので一番共感できた。将来のために精一杯悩みたい。
●すごく共感できる部分が多くて、私も部活や勉強だけでなく何か自分を変えたいと思いました。
●勉強方法で迷っていたが、自分なりの方法でいいのだとわかりました。
●私もきっかけを見つけて、自分らしさを追求したい。
●後悔したくないので、今動こうと思いました。

寮生たちにとっても、自身の進路選択を振り返り、さらに自分の課題に向き合う良い時間となりました。

高校生が真剣に耳を傾けてくれたのが嬉しかった、との声も。

四ツ葉の高校生が、元気に高校生活を過ごし、納得できる進路を選べるようになることを、チェルシーハウス一同、願っています。

7

今回は、昨年の反省を活かし、チェルシーハウスでのリハーサルを入念に行いました。

6

寮生同士でも、お互いを深く知るきっかけとなりました。

参加した皆さん、お疲れさまでした!

四ツ葉の生徒さんは、いつかチェルシーハウスに遊びにきてくださいね。