「ここに来れば、何かが生まれる。」 そんなことを思わずにはいられないホテルが、ニューヨークのマンハッタンにあった。 その名は、チェルシーホテル。 アンディ・ウォーホール、マーク・トウェイン、アーサー・C・クラーク・・・数々のアーティストがこの場所でくらし、多くの名作を生み出した。 ホテルは若者たちにとって憧れの場所となり、 彼らは「チェルシーで会おう」を合言葉に、ここに集った。 そして、時は2014年。 チェルシーホテルにインスピレーションを得た 「チェルシーハウス」が誕生する。 ここでは、大学生活を充実させたい学生が共にくらし、 互いに刺激を与えながら、やりたいことを形にしていく。 大学では得られないたくさんの経験や交流が、 ここにはあふれているのだ。 いつか社会に出たとき、 自分の人生を自分の足で歩めるように、くらしの中から「学び」を見出していく。 そんな、新しいかたちのくらしが、 いよいよはじまる。
Attribution Some rights reserved by andrewmalone
卒業式の朝、「正直言って、大学4年間でこんなに成長するとは思わなかった・・・・・・。」とつぶやくあなたがいる。 チェルシーで会おう。 本気で大学生活を充実させたい学生が集う学生寮「チェルシーハウス」2014年春オープン! 詳細は下記メディアで順次発信中。