【2016年度メンター】
石川 貴志
Work Design Lab 代表

2016年12月18日 | 関係者インタビュー | シェアツイート

地域において学生と大人が共に育つ循環をつくり、社会をよりよくしていく意義がチェルシーハウスにはある

私自身、企業の中で新規事業開発やオープンイノベーションに携わっており、一企業だけではなく、行政や大学、NPOなど、様々な人と一緒に仕事を進めています。所属組織が違えば考え方も違う。そんな人たちと一緒に新しい価値を創っていくためには、考え方の背景にある価値感を受入れ、自分自身の価値感と相互作用させながら、統合していくことが大切だと日々感じています。

学生時代に、多様な価値観をもつ仲間や大人に触れ、試行錯誤しながらアクションしていくプロセスが「教育寮」にはあると感じています。チェルシーハウスに関わる大人も、自分自身を振り返り、共に育つことができる。地域において学生と大人が共に育つ循環をつくり、社会をよりよくしていく意義がチェルシーハウスにはあるのではないでしょうか。