【レポート】
Chelsea Cafe Vol.2
〜お金に困りたくない学生必見〜
幸せになるマネープランを考えよう

2015年11月30日 | | シェアツイート

【レポート】

Chelsea Cafe 2015 vol.2

〜お金に困りたくない学生必見〜

幸せになるマネープランを考えよう

S__5210142

2015年11月29日(日)14時より、今年度2回目となるチェルシーカフェを開催しました。
(前回『Chelsea Cafe 2015 vol.1  〜笑顔はじける3人の社長が、10年後の未来を語る〜』の開催レポートはこちら

チェルシーカフェとは、第一線で活躍する社会人の方々をチェルシーハウスにお招きして行う、公開型トークイベントです。

2回目となる今回は、
学生にとってはなかなかイメージが沸きづらい領域《お金》をテーマに
金融のスペシャリスト2名の方をお招きし、
未来を見据えたトークセッションを行いました。

「お金は人を幸せにするのか?」
「幾らあれば、自分が望む生活って実現可能なんだろう??」
「一度マネープランを立ててみたいな。」

これまで、お金のことに真剣に向き合ってきた学生も、そうでない学生も、
プロフェッショナルの方と一度立ち止まって考えてみる時間です。

そんな今回のゲストは、以下の2名!

各々異色のキャリアを積み、
世の中を様々な角度で捉えてきたご登壇者お二人に、
金融のお仕事をしていての率直な想いも踏まえて、他ではなかなか聞けないお話をしていただきました。

登壇者

民放テレビ局スポーツ担当から、個人契約No.1 のトップ生保営業マンへ
金沢 景敏 (かなざわ・あきとし)さん

金沢様
プルデンシャル生命保険 ライフプランナー
大阪出身京都大学工学部卒。
TBSテレビにて、世界陸上やオリンピック中継、格闘技中継などのディレクターをした後、編成としてスポーツを担当。プルデンシャル生命保険に転職し、1年目で個人保険全国3500人中の1位になる。
全国22万人の営業マンの中でトップ0.01%しかいないTOTに3年目で到達。

関連記事:
【金沢 景敏】プルデンシャル生命保険株式会社の中で記録的な営業成績を叩き出したスゴい人!
保険営業の頂点へ その先に見えたもの

 

資産運用のプロフェッショナル 2000億円運用を経て、統計解析の講師へ
森田 匠 (もりた・たくみ)さん

森田様

和から株式会社 統計学/データ分析教育事業部
東京工業大学大学院博士課程中退(学位:修士(理学)、専攻:理論物理学)後、
UFJパートナーズ投信(現在の三菱UFJ国際投信)株式会社入社。
デリバティブ関連商品の設計・開発を経て、データ分析を用いたヘッジファンド、デリバティブ関連商品のファンドマネージャーとして2,000億円の資金を運用。
その後は経営企画としてMUFGグループの資産運用部門の経営戦略の立案やマーケティング調査、オフショアファンドの設立等に携わる。
2015年に同社を退職し、自由な働き方の追求と企業のデータ分析力向上を目指し、和から株式会社にて企業向けの統計解析・データ分析の研修講師及びコンサルティングを行う。


Chelsea Cafe 2015 vol.2

〜お金に困りたくない学生必見〜 幸せになるマネープランを考えよう

まず最初に、TBSから転職し、プルデンシャル生命保険のトップ営業マンとして活躍している金沢さんに「人一倍お金と向き合ってきた人生と価値観」をテーマにお話していただきました。

S__5210144

金沢さんは、プルデンシャル生命保険のトップ営業マン。1年目で全国1位にのぼりつめた実績があります。
ご家族もいらっしゃいますが、お子様には「自分で金を稼ぐ能力」を身につけるための投資は惜しまないという姿勢のもと、普段は、仕事で家に帰らないことも少なくないそう。

そんなエネルギーあふれる金沢さんは、かつて、京都大学アメフト部で日本一を目指し、その後TBSで長年スポーツを担当。

現在の仕事でも、トップアスリートの方たちとの付き合いが多いそうです。

実は今回のチェルシーカフェには、立派な外車に乗ってお越しいただき、寮生も驚き。
しかし、かつては家庭の事情などにより「100円使うのにもためらった」時代があるそう。
仕事でアスリートと付き合っていくなかでは、彼らが若くして巨額の報酬を手にしているため金銭感覚がなく、引退後に苦労する姿を間近で見てきました。

だからこそ、お金に対する思いは人一倍。
万が一のとき、お金は家族や自分や救うことができる、とおっしゃいます。
誰よりも生命保険が好きだから、 誰よりも働いた寝る間も惜しんで働き、
営業マンのトップ0.01%に3年目で入ったとのこと。

「いま目の前の人に喜んでもらうこと」。「売るというより、伝える」
関係性を築くことを大切にしながら、その人にとってベストな保険を、思いを込めて伝えているそうです。
保険に対する考え方が変わるようなお話でした!

S__5210150

続いての登壇者は、森田匠さん。

資産運用会社にてクオンツアナリスト、ファンドマネージャー、さらに経営企画を経て、現在は数学の塾の講師をなさっているそうです。かつては、2000億円を動かしていたとのこと(!)。

そんな金融のプロフェッショナル森田さんは、若者に向けた「資産運用」についてお話をしてくださいました。

森田さんによると、まず、現在日本では、金融資産の約8割は高齢者が保有。10万円を年利15%で5年間運用しても、20万円にしかならないため、若者が金融商品で資産を増やすのはナンセンスなんだそうです。

また資産運用は、以下のPDCAによって行われます。

外部環境の変化を予測⇛環境が変わる⇛自分自身の行動が変わる⇛成果を上げる

ポイントは、
どのように変化を読むのか?そして、どのように自身の行動をつくっていくのか?というところです。

S__5210151

PEST分析に、イノベーター理論をくっつける

ここで森田さんが紹介してくださったのは、「PEST分析」と「イノベーター理論」。
この組み合わせによって、外部環境の変化を読み取ることができるそうです。
PESTとは、ポリティクス、エコノミー、ソサエティ、テクノロジーのこと。この4つの要素が、この逆の順番で発生するそうです。
文明の発展の歴史を見ても、まさしくその通り。
現代でいうと、脱法ドラッグや、Airbnb、3Dプリンター、ドローンなど…。
(そうはいっても、変わらないものもあるとのこと。食事が栄養剤にならないことや、マサイ族の服装など。)

このような手法を利用し変化を読み解いていけば、資産運用に役立てることができそうですね。

そして後半には、なんと、森田さんがこの日のためにプログラミングしてくださった、マネープランニングのシステムでワークショップを行いました!

S__5210156

結婚年齢や子どもの人数、生活スタイルなどの項目を入力すると、人生に必要な金額が算出される

学生たちは、「人生に必要になる金額」に加え、「自分が人生で得る金額」も計算。
その2つの金額を比較したうえで、理想の人生を整理していきます。
なかには、「配偶者の職業」で生涯の所得額が大きく異なることに衝撃を受けている学生も。

マネープランニングワークショップ

ペアで話し合いを行います。「海外での結婚式に呼ばれたときに悩まず行けるくらいの経済状態が理想かなぁ」

人によって、稼げるお金も、必要なお金も、1億〜5億程度まで大きく差があるようでした。

S__5210155

一人ひとりのマネープランに、金沢さん、森田さんもコメント。

S__5210158

懇親会でもお話していただけました!

参加した学生からの声(抜粋)

・金沢さんのマインドを感じて、自分を改めて振り返るきっかけになった。(國學院大学4年・男子)
・データ分析に興味があるので、聞けてよかった。(ICU1年・男子)
・理想の人生に対して、まだ具体的なマネープランが描けていなかったことに気づいた。(法政大学3年・女子)
など

金沢さん、森田さん、今回はお越しいただき、本当にありがとうございました!


イベント情報は、こちらからご覧いただけます!
チェルシーハウスでは、チェルシーカフェ、チェルシーアカデミーといった、外の学生にもオープンなイベントを続々と開催しています。以下の新着情報をチェックしてくださいね!
チェルシーハウスFacebookページ
チェルシーハウスTwitter